毎日人柱

雑多な内容を適当に書き連ねるブログ

長年使っていたキーボードにジュースを零してしまい、シフトキーが押しっぱなしという状況になってしまいました。

現在販売されているMacに付属のキーボードは、アルミフレームのフラットなタイプで、私が使っているMac Proもそのタイプでした。しかし、その前のタイプのアップルのキーボードのほうが、ストロークがしっかりしていて好みだったので、未だに使っていたのです。

 

と、いうわけで、どうせ捨てるならダメモトということで、分解修理してみました。

私と同じ理由で未だに使っている方もいると思うので、参考として記事にしておきます。分解修理についてはあくまで自己責任でお願いします。

 

今回の患者:Apple Wireless Keyboard A1016

用意するもの:六角レンチ(1.27mm)、マイナスドライバー、プラスドライバー(0番)、無水アルコール、ティッシュ等

 

ちなみに1.27mmの六角レンチというのはかなり細いので、持ってない人も多いかと思います。私も持っていなかったのですが、Amazonで良いモノが安く売っていたので買ってしまいました。

 

まずはマイナスドライバーを使ってキートップを全て外します。結構簡単に外れます。

「returnキー」「スペースキー」などの大きなキーには、針金状の部品がついています。これも取り外して、ティッシュでグリスを拭き取っておきましょう。

外したキートップはザルに開けて中性洗剤でよく洗います。洗ったら、広げた新聞紙の上に並べて乾かしましょう。

この時に必ずキー上面を上にして置かないと、中に水が残って故障の原因になります。また、ファンヒーターの前に置いたり、ドライヤーを使ったりすると変形する恐れがあります。

 

次にキーボードをひっくり返します。

上部左右にあるツマミ?をマイナスドライバーで回します。

 

ここまでは電池の交換で見たことがある人も多いはず。

カバーを外した内部にある5箇所のボルトを、六角レンチ(1.27mm)で回します。

カバーが外れました。

次に、写真でいう下側の左・中央・右にある、3箇所のボルトを外しましょう。

すると、透明なカバーが外れるはずです。

中から鉄板登場。

この時、緑色の配線を絶対に傷つけないように注意。といってもそう簡単には裂けないと思いますが。

この鉄板、なんと31個ものネジで止められていました。非常に頭をナメやすいので要注意です。

鉄板を外すと中からフレキシブル基盤がコンニチハ。

フレキシブル基盤は2枚組になってます。キーを押し下げることで、この2枚の間で通電して入力される仕組みですね。ジュースを零したことによって、常時通電状態になってしまったのが故障の原因だった模様。

無水アルコールを染みこませたティッシュで、フレキシブル基盤を綺麗に拭き取ります。

また、写真右下のCaps LockのLEDははまってるだけなので、簡単に外れます。今のうちに外しておきましょう。

基盤を外すと、キーボードのハウジングがお目見え。

はまっているのはメンブレン。スプリングの役割をしています。これもはまってるだけなので簡単に外れます。

外したらなくさないように紙コップにでも入れておきましょう。今回私は洗っていませんが、汚れているようなら、中性洗剤で洗うといいかも。

メンブレンを全て外したところ。これも中性洗剤で水洗いしました。Caps Lock用のLEDを外すことをお忘れ無く。

 

さて、各部品が完全に乾燥しているのを確認出来たら、今度は組立です。

順番としては、

1.ハウジングにメンブレンとLEDを入れる。

2.フレキシブル基盤を取り付ける

3.鉄板を取り付ける(ビスの頭をナメないように注意)

4.白いカバー(大)を取り付ける

5.透明なカバーを取り付け、ボルト2本を締める。

6.電池部の白いカバーを取り付け、ボルト5本を締める。

7.電池を入れ、電池カバーを取り付ける。

8.キートップを取り付け。

 

こんな感じです。順番を間違えると再度バラしなおしになります。

また、キートップのうち大きなキーには、針金状の部品を取り付けることをお忘れ無く。グリスは塗っても塗らなくてもあんまり変わらない気がしました。

 

以上、こんな感じで私のキーボードは治りました。

キーボードは人によって好みがあって、お気に入りのキーボードは長く使いたいものです。しかし、壊れたときにはもうその製品は売っていないということがよくあるもので・・・

今回の記事が、困っている方の手助けになれば幸いです。

4人の方が、この記事をGood!と評価しています。

皆様、あけましておめでとうございます。

 

始まりましたね2013年。そして滅亡しなかったよ地球!

結局アレはなんだったんでしょうねー。1999年で懲りなかったのかな。「計算が間違っていて、実は2015年だった」なんて話もまだあるみたいですが。

 

さて、今年は私にとって2度目の就活の年になります。

2度目と言っても、1度目はあんまり就活らしいことはしてなかったので、実際には初めてのことばかりです。その就活についてはいろいろ思うところがあるのですが、新年最初からそれもなんだかなーって感じなのでまた後日。

 

暗い話題の年が続きましたが、2013年は明るい年になるといいな。

皆様にとってもよい1年でありますように。

投票日

コメントなし

今日はいよいよ総選挙の投票日ですよ。

民主党政権になってからもう3年以上経ってるんですね。なんか色々なことがありすぎて、もっと時間が経っているような気がします。

というか3年間でここまで日本がブチ壊れるとは思ってなかった・・・という人が多いのでは。今だから思い出します、3年前にネットで言われていたスローガン。

「一度やらせてみてください。二度と取り返しがつきませんから・・・」

というもの。

これは3年前の政権交代前において、マスコミが必至にキャンペーンしていた「一度民主党にやらせてみて、ダメだったら交代させればいい」という謳う文句に反対するためのスローガンでした。

見事に取り返しがつかない状況に追い込まれましたね。今回は自民党が復活すると(事前調査では胡散臭いくらい叫ばれてるのですが)、実際にはどうなることやら。まだギリギリ日本が復活する可能性がありそうですが、また下らない党が第一党になった場合、次の4年間では本当に取り返しのつかない事態となりそうです。・・・不安だ。

 

ところで私は、今回は「期日前投票」という制度を使って既に投票しました。

これは、投票当日に何らかの事情で投票出来ない人が、事前に投票出来る制度というもの。別に当日投票出来ない理由が仕事でも遊びでも、事前に投票出来ます。

私の区では、区役所と区内に10カ所以上ある地域センターで投票が可能でした。しかも公示翌日から投票前日までの、朝8時半から夜8時まで投票出来るという非常に便利な制度です。

期日前投票の会場に行くと、当日の選挙会場と全く同じ様子で、ちゃんと選挙立会人も2人いました。投票権を発券してくれる人も、小選挙区・比例代表・都知事選とそれぞれいましたし。

この制度、とても便利です。「忙しくて投票に行けなかった」という言い訳は、よっぽどの事情がない限り成立しなくなりそうですね。

・・・ただ、便利は便利なのですが、ここまで人と金をかける必要があるのか?という疑問は残ります。だって結局は税金なわけですし。会場にいる人の人件費やら、会場の数だけ用意する投票箱や投票用紙の発券機だってタダではないわけですし。

さっさとインターネット投票を実現させれば良いと思うのですが、やはりお役人という人種ってのは頭が固いのかもしれません。

 

iPhone 5 と iOS 6

コメントなし

ついに発売になりましたねiPhone5。

銀座のApple Storeでは例によって数百人が行列を作ったとかなんとか。予約すれば買えるのに・・・とか笑っちゃダメですよ。彼らはお祭り騒ぎが楽しいんだから。

ちなみに私も友人と、Apple Store 渋谷がオープンした時に並んだことがあります。終電で行ったのにも関わらず既に数百人が並んでて、真夏の夜で蒸し暑く、友人が持ってきたノートPCでぷよぷよをしながらオープンを待った記憶があります。ちなみに、貰った記念のTシャツはサイズが小さくて着られなかったよ!

 

さて、自分が持っているのはiPhone 4で、2年縛りがまだ溶けていないので今のところ様子見です。

が、iOS 6はiPhone 4でも使えるということで試してみました。が、

 

SiriはiPhone 4S以降しか対応してないし、カメラのパノラマ撮影も使えない、Google Mapに替わって採用されたMapsは役に立たないとなかなか出鼻をくじかれる結果でした。

あれ?これってアップデートした意味あんの?

Mapsに至っては本当に酷い。正式サービスとはとても思えない出来です。まず情報量が少ないというか地図として成立してない。通れるはずの道路が記載されていないとか、地名が間違ってるとか、何故か日本国内にハングル表記があるとか、駅名すら間違ってるとか・・・ちょっとアップル信者の私でも擁護不能な出来です。

そもそも今回AppleがGoogleMapを除外したのは、AppleとGoogleの対立という政治的なものに起因してるみたいですが、ユーザビリティを考えればもうちょっと考えてほしかった。

iOS 6対応のGoogleMapは、現在AppStoreの審査中という話もあります。審査が通ればiOS 6でも使えるようになるみたいですが、iPhoneに搭載されている各アプリケーションの基幹となる地図ソフトはやっぱりMapsになってしまうので、連携を考えると圧倒的に不便になりそう。

 

とりあえず、現状iOS 5からのアップデートを考えてる人はもうちょっと待ったほうがいいかもしれません。特にiPhone 4ユーザーは。

 

というか私の本命はiPad miniなんですが、まだ発表がありません・・・なんかディスプレイの供給が遅れ気味とかそんな噂が。7インチディスプレイ、iPad 3とほぼ同スペック、価格2万円前後というのが予想されてますが、もしそれで出るなら確実に飛びつくんだけどなぁ。

きな臭い

コメントなし

尖閣諸島を巡る件、中国海軍が島の沖合にフリゲート艦を派遣するなど、だいぶきな臭くなってきましたね。民主党政府がこのままアホな対応を続けるならば、リアルタイムで日本の領土が掠め取られるのを拝める時がくるかもしれません。本当に勘弁してほしい。

 

平和ってなんだろう。戦争状態ではないこと、って答えが浮かんだけど、平和と戦争を安直に結びつけるのは偏った教育の産物じゃないかと思う。自分はゆとり世代の初期ロットに該当するけど、小中学校では「平和学習」なるものがあって、修学旅行には広島にも行かされた。平和記念公園で「木琴」も歌った。ついでに言うと小中学校で君が代を歌ったことはなかった。

その時は大して疑問を覚えはしなかったけど、今振り返ってみるとおかしいと思うことがある。日本で言う「平和教育」というのは「戦争反対!」「戦争は悲惨だったんだ!」という2点をひたすら刷り込まれる気がする。少なくとも私の時はそうだった。戦争は悲惨だったということは小中9年間を通してみっちり教え込まれるけど、どうして戦争に至ったのかについては、歴史の時間で数時間触れるだけ。小一時間も触れないんじゃないかな。戦争は避けるべきという点に異論は無いけど、だったらどうして戦争を避ける術を教えないのか。

 

日本では共産党や社民党、日教組が幅をきかせているせいで「戦争を避けるためには軍隊を持たないのが一番!」というのが半ば常識化していると思う。多分道行く人に「戦争を無くすにはどうすればいい?」って聞いたら、8割方がそう考えると思う。確かに軍隊を持たなければ戦争にはならない。けど一方的な侵略や虐殺が起こりうるのは、歴史が証明している通り。かつてベルギーやルクセンブルクは永世中立国を謳い、世界も認めていたけれど、あっさりドイツ帝国に侵攻され、莫大な被害を出した。

「対話をすれば戦争は避けられるんですぅ」って主張する一部の人もいるけど、あれは本当に脳内がお花畑という表現がピッタリだと思う。一昨日もNHKのクローズアップ現代に、中国の暴動をを取り上げて「中国の若者はそんなにバカじゃない、話せばわかる、対話が大事」とか抜かしてた評論家がいたけれど、「相手も自分と同じ価値観を持っている」というエゴ丸出しの考えを捨てたほうがいいと思う。民族が違えば歴史が違う。環境が違えば常識が違う。宗教が違えば善悪も違う。相手との違いを認識し、それを受け入れることこそ本当の相互理解じゃないの?と思う。

そこらへんの事情を全部すっ飛ばして、「軍隊を持つから戦争が起こるんだ!」という主張をする人は、頭の中がお花畑なのか、それとも日本を侵略させたいのかのどっちかと思われても仕方がないんじゃないか。

 

お花畑の人たちが主張する理想の国に「スイス」が挙げられる。曰く「スイスは永世中立国で、戦争をしない国」らしいが、とんでもなく誤った主張である。

当然スイスには軍隊があるし、国民皆兵で徴兵制度だってある。各家庭には自動小銃が配備されていて、地域ごとに管理される倉庫には対戦車兵器まで用意されている。主要道路には戦車の侵攻防止のための障害物やトーチカが常設されているし、国境地帯のトンネルや橋には、爆破用の爆薬を仕掛けるための穴が開けられている。有事の際には焦土作戦をも辞さない覚悟を持ち、国民にも防衛意識を高める教育がなされている。

軍事力だけじゃなくて外交にも長けていて、国際機関の本部を積極的に誘致したりもしているし、スイス銀行は世界有数の銀行だし、学校や職場にはシェルターが設けられている。そんな国がスイスである。

 

現代において戦争は1つの「ビジネス」じゃないかと思う。つまり「得をするから」戦争をしかけるのであって、戦争をしても得るものが何も無いか、失うものが大きければ戦争は起きないのではないか。よく言われる「抑止力」というものがそうではないか。

その抑止力には「軍事力」「資源」「外交」などが挙げられると思う。確実に負けることが分かっている戦いを望む国はないし(日本が絶対に勝てない連合軍に喧嘩を売ったのは、外交力で敗北して、国民生活を維持するためには究極の外交である戦争に賭けるしかなかった)、資源があれば圧力を加えることができる。また、スイスのように積極的に国際機関の本部を誘致することで、他国が攻撃をしかけにくくすることが出来る。(もし国際機関に被害が出れば世界的に糾弾されるから)

 

果たして今の日本はどうだろう?

軍事力で見れば日本は確かに軍事大国ではあるけれど、専守防衛に則った構成なので、相手国からすれば「送り出した戦力以上の被害を受けることは絶対に無い」という、「攻撃してきたら徹底的に壊滅させてやんよ」というアメリカなんかに比べたらローリスクな相手である。完全に撃退することが保証されているならともかく、相手に「やってみなければわからない」程度の抑止力しか与えられないとしたら、それは無意味ではないのか(人間ってギャンブル好きだよね)

その点を補うのが外交であり、主軸であるのがやっぱり米国である。いろいろ気にくわないこともあるアメリカでも、共通の価値観を持ち、共産圏に対する利害が一致しているという点では最も信頼できる同盟国ではないか。というか、前述の通り自衛隊が専守防衛である以上、攻撃能力を持つアメリカ軍とはセットで運用しなければ抑止力を維持できないと思う。

とは言ってもアメリカだって自分の国が一番かわいいんだから、無条件で日本を守ってくれるわけがない(無条件で助けてくれると思ってる日本人も多いみたいだけど)。やっぱり最低限の努力をし、お互いに助け合うくらいのレベルにならなければ、いつ見捨てられるか分かったものではないと思う。

アメリカ以外の外交だってフニャフニャもいいところ。せっかく日本は中国に多額のODAを拠出しているのに、中国国民にその事実は伝わっていない。それどころか中国は、アフリカに積極的にお金をばらまいて発言力を高めようとしている。だったら日本が直接アフリカに援助すればいいではないか。

台湾にしても、地政学的に共通の敵を持ち、日本統治時代に同じ教育を受け同じ価値観を持つ台湾人もまだ存命で、日本に対して親近感を持ち、世界で一番震災の時に援助をしてくれた台湾に対して日本は非常に冷徹だと思う。中国様への配慮ではあるが、台湾海峡は日本の生命線であるのだから、もっと援助してもいいと思うし、外交面でも働きかけるべきじゃないのか。

中東も日本で消費される石油の大半を算出する生命線である。日本は昔から独自の外交で親交を深めていたのに、近年の過度なアメリカ追従でその親交すら揺らいでいる。外交というのはカードの出し合いで、いかにカードを多く持ち、いかに効果的なタイミングでカードを切り、いかに自分に損が無く相手が得をするカードを相手に出させるかが勝負であるのに、日本はくだらない問題でアメリカへのカードを失い、結果としてアメリカにも頭が上がらなくなってしまっている。

太平洋に浮かぶ島々は日本と同じ島国・海洋国家である。同じ漁業をし、魚や鯨を食べる。また戦前は日本の信託統治領だったため、日本との関係も深く、パラオのような親日国もある。環境問題などで積極的に協力し、関係を深めて国際社会での発言力を高めるべきじゃないのか。小さくても1つの国であることに違いはないのだから。

今の日本は中韓朝という、いくら貢いでも振り返らないタチの悪い女に夢中な馬鹿な男みたいに思う。非常に情けない。

 

最後に資源。困ったことに日本にはロクな資源が無い。石油は出ないし金銀だってとっくに掘り尽くしてしまった。唯一頼れるのが海底資源ではあるが、これははっきりいって「日本」という国自体は全く必要無い。中国が現在進行形でやってるように、近くに油田を作って勝手に吸い出してしまえばいいことであり、帰って日本を「おいしく」見せてしまっているように思う。

資源という意味では、日本の技術力もまた資源である。日本が焼け野原になってしまっては部品が作れない。日本製の部品が無いと製品が作れない、と思わせることが出来れば、それは抑止力になる。が、最近では中韓のメーカーの台頭が著しく、一日本人の私としても「なんか日本のメーカー無ければ無いでなんとかなりそうだよね」と思わなくもない。悲しいことではあるけれど。

 

つまり、日米関係が揺らぎ、国内が不景気のズンドコで、外交力もふにゃふにゃ、自衛隊の予算が削減されている今、日本の抑止力はどんどん下がり「おいしそうな国」になってしまっていると私は思う。これは平和とはほど遠いのではないか。

「平和教育」と称して、実は平和とは最も遠い戦争を自ら招くような教育はやめるべきだと思う。「平和教育」を自称するなら「どうすれば平和が保たれるか」という点もしっかり教えるべきじゃないか。

 

最後に繰り返しになってしまうけど、「相手も自分と同じ価値観を持っているはず」というエゴイズムを押しつけ、「そんなバカなことはしないはずだ」という不確かな思い込みに、自国の安全保障を委ねるというアホなことがあってはいけないと思う。自分の身は自分で守る。それが軍事力によるのか外交力によるのか、それとも札束で頬をたたくのか、それらを組み合わせるのかは個々人の自由だと思うけれど、最低でも「どうやって抑止力を維持するか」という議論をしてもらいたいなと思った。

 

こういう主義主張が絡む話題を積極的に書けるのはブログのいいところだよね。facebookとかmixiは回りの目も気になるし、なんか日本人って政治と宗教の話をするにはタブー的なところがある気がするし。

 

あ、ちなみに私はミリオタですが戦争は嫌いです。だって壊れちゃうもんね。